LEDライトを使った方法

このコラムをシェアする

通販サイトで探そう

ホワイトニングができる、LEDライトが販売されています。
これは専用の薬剤を歯に塗り、マウスピースの形をしているLEDライトを使うだけで歯が白くなります。
手軽ですし効果が非常に高く、歯医者で行うホワイトニングとほとんど変わりません。
しかしデメリットは、高額という部分です。
またドラッグストアで見つけるのは難しく、買うなら通販サイトを探してください。

資金に余裕があるなら、こちらを購入するのがおすすめです。
確かに初期費用は高いですが、1回購入すればずっとケアに使えます。
いろんなホワイトニング用のLEDライトが販売されているので、買う前に評判を聞きましょう。
せっかく買うなら最も効果が高く、安心できる製品を選んでください。

着色汚れが付きやすい食べ物

どのケア方法でも共通していることですが、ホワイトニングをした直後に着色汚れが付きやすい食べ物を摂取することは控えてください。
摂取するとすぐに歯が汚れて、ホワイトニングの意味がなくなってしまいます。
具体的にいうとカレーやワイン、コーヒーなどになります。
さらにタバコもヤニ汚れが付きやすいので、ホワイトニングの前後に吸うことは避けましょう。

ただタバコのヤニ汚れは、ホワイトニングでは落としにくいと言われています。
ですから本格的に歯を白くしたいなら、禁煙することをおすすめします。
タバコは健康にも良くない影響を与えるので、この機会に禁煙を始めましょう。
毎日吸う量を少しずつ減らせば、無理なく禁煙ができると思います。